寄居町の寄居町商工会青年部は25日、プロ野球・東北楽天の銀次選手と阪神の原口文仁選手らを講師に招き、寄居運動公園で野球教室を開催した。同青年部50周年記念事業の一環。町内の少年野球チームなどに所属する約110人の小学生が参加し、郷土ゆかりのスター選手とともに白球を追った。銀次選手は妻が同町出身。東北楽天の中心選手として活躍し、2013年にチームの日本一に貢献した。原口選手は同町出身で、小中学生時代に町内のチームでプレーした。プロ7年目の今年、育成契約から支配下登録されると、オールスターに出場するなど一軍でブレークした。子どもたちは両選手の指導で、キャッチボールやティー打撃などに取り組ん...    
<記事全文を読む>