東北楽天は24日までに、78選手(育成14人を含む)と2017年の契約を結んだ。河北新報社の集計によると、年俸総額は約23億3000万円で16年より2億円減った。外国人を中心とした補強が途中という事情もあるが、松井稼頭央外野手の9000万円減を筆頭に精彩を欠いた主力に厳しい査定をしたことが要因となった。(佐々木智也) 日本人選手の年俸総額は約20億4000万円で1億3000万円増。西武からフリーエージェントで獲得した岸孝之投手が球団最高となる年俸2億2500万円で押し上げた。

 契約更改した日本人選手56人のうち18人が増額。先発陣を中心に投手は10人がアップと比較的手厚かった。増額幅の...    
<記事全文を読む>