黒田が引退を公表した10月18日以降、背番号15のユニホームには約2万着の注文があった。広島東洋カープ復帰から2年間で売れた計7万着は、ユニホーム販売総数の約2割を占める。7月に達成した日米通算200勝の記念グッズは飛ぶように売れた。主催公式戦の年間入場者数は昨季、今季と立て続けに200万人を超え、空前のブームは社会現象となった。

...    
<記事全文を読む>