千葉ロッテからドラフト1位で指名された桜美林大の佐々木が22日、母校の東京・日野高の終業式に登場し、後輩たちに「自分次第でどうにでもなる、ということを忘れずにやってほしい」などとエールを送った。

 強豪大学への進学に失敗し、一時は野球を諦めようとしたこと、桜美林大では自主性を持って練習したことなど、エピソードを交えながらあいさつした。プロ1年目の目標に開幕ローテーション入りを挙げ「自分に期待してスタートを切ります」と明るく宣言した。

...    
<記事全文を読む>