日本ハムは22日、パドレスなど米大リーグ2球団でGMを務めたランディ・スミス氏(53)と、GM付シニアアドバイザー兼メジャーリーグスカウトディレクターとして契約したと発表した。スミス氏は1993年、MLB史上(当時)最年少の29歳でGMに就任すると、96年からタイガースGMも務めた。外国人選手の獲得やチームづくり、大谷のメジャー移籍に際して、手腕を発揮してくれそうだ。

 吉村チーム統轄本部長兼GMは「実績と経験に加え、スカウティング活動における知識、人脈に期待しています。外国人選手獲得だけでなく、チーム全般にアドバイスを頂きたい」とコメント。スミス氏は「さらなる発展に寄与できるよう、尽力...    
<記事全文を読む>