プロ4年目でパ・リーグMVP(最優秀選手)を獲得した大谷が22日、岩手県花巻市で行われた母校、花巻東高の創立60周年記念式典に出席し、特別記念表彰を受けた。表彰後のトークショーでは「世界一の選手になりたい」と力強く語った。

 小田島順造校長から「日本を代表する選手として、本校の名声を全国に高らしめた」と表彰された大谷は、「(高校3年間)ずっと寮にいたので(母校は)家みたいな場所。楽しい高校生活を思い出せて良かった」と終始笑顔。式典中のトークショーで今後の抱負を聞かれると「世界一」と答え、「来年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一になりたいのと、世界一の選手になっていきた...    
<記事全文を読む>