プロ野球北海道日本ハムの新球場構想で20日、北広島市が独自の誘致構想を球団に提出したことを巡り、札幌市は現在の本拠地・札幌ドーム(札幌市豊平区)への残留を球団に求める方針をいったん棚上げし、市内の建設候補地の選定を急ぐ。ドーム残留を求めるだけでは「札幌市外移転」が現実になりかねないためだ。ただ新球場の実現性ははっきりせず、残留に向けた方策も用意する。

 「他の自治体も早い動きなので、われわれもしっかり考えなければならない」。日本ハム球団が親会社の日本ハム本社(大阪)と新球場構想を検討する特別チームの設置を発表した19日、札幌市の秋元克広市長は、市内での新球場の候補地探しを急ぐ考えを示した...    
<記事全文を読む>