4年ぶりにパ・リーグ首位打者に輝いた千葉ロッテの角中勝也外野手が19日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、6100万円増の年俸1億4100万円でサインした。「全試合に出て、引っ張らないといけない」と中心選手としての自覚を口にした。

 背番号は61から、今季限りで引退したサブロー外野手がつけていた3への変更が決まった。「重みを感じる。サブローさんに電話をして許可をもらいました。『任せたぞ』と言われました」と表情を引き締めた。

 独立リーグの四国アイランドリーグplus高知の出身。当時の月収は10万円強だったというが、1億円の大台を超えた。「自分たちが活躍すれば独立リーグも盛り上が...    
<記事全文を読む>