中日は20日、名古屋市内で取締役会を開き、西山和夫球団代表が落合博満ゼネラルマネジャー(GM)との契約を延長しない方針を報告した。来年1月末で退団する。

 佐々木崇夫社長ら球団幹部と落合氏側が、12月に入って話し合って決めた。

 チームは今季、19年ぶりの最下位に沈み、2リーグ制後では球団初の4年連続Bクラスに低迷。編成を担う落合氏の手腕を疑問視する声も球団内外にあるが、佐々木社長は「黒子に徹して、チーム強化のための人材発掘をきちっとやってもらった。彼のチームづくりに大いに助けられた」と評価し、責任を問う形ではないことを強調した。

 落合氏は球団初のGMとして2013年オフに谷繁元信前監督と...    
<記事全文を読む>