巨人の内海哲也投手(敦賀気比高出身)が、母校がある敦賀市で来季の完全復活を誓った。プロ通算126勝のベテラン左腕は取材に対し「できる限り長くチームに必要とされたい。まだ先発で戦える」と決意を新たにした。

 16日に福井県敦賀市民文化センターであった母校の開校30周年記念トークショー。2年先輩で広島の東出輝裕1軍打撃コーチ(36)が「内海君には40、50歳まで、腕がちぎれるぐらいまで現役を続けてもらって敦賀気比高OBのプロ選手を引っ張ってほしい」とエールを送った。内海は「そのつもりでいる。後輩に負けないように最後の最後まで第一線で活躍できるように頑張りたい」と応じた。

 34歳。緩急と粘り強...    
<記事全文を読む>