プロ野球の北海道日本ハムは19日、新球場を建設して本拠地を札幌ドームから移す構想について、親会社の日本ハム本社(大阪市)とともに検討を行う特別チームを設けると発表した。球団幹部は「日本ハムグループ全体で、多様な視点で調査、検討を行った方がメリットがある」とチーム設置の意図を説明し「候補地が一番重要な課題」と語った。本社が検討に正式に加わることで、構想実現へ一歩進んだ。

 球団幹部は現時点の候補地や建設費、資金調達方法などには言及せず、札幌ドーム残留の可能性は「ゼロではない」とした。

 発表を受け、札幌市の秋元克広市長は19日、市役所で記者団に対し、「建設にふさわしい場所が札幌市内にあるのか...    
<記事全文を読む>