プロ野球の北海道日本ハムは19日、新球場を建設して本拠地を札幌ドームから移す構想について、親会社の日本ハム本社(大阪市)とともに検討を行う特別チームを設けると発表した。今後、共同で具体的な調査を行い、2018年3月までに一定の方向性を出す。

 これまで、球団の新球場構想について日本ハム本社は、「球団が検討している」と、球団とは一線を画す立場を取ってきたが、親会社としても検討に加わることになった。

...    
<記事全文を読む>