プロ野球・日本ハムファイターズに入団する黒部市出身の森山恵佑外野手(22)=桜井中・星稜高出、専修大=の激励会が18日、黒部市のホテルアクア黒部で行われた。恩師や同級生ら約150人が地元出身のプロ野球選手誕生を祝い、エールを送った。森山選手は「1日も早く1軍に定着したい」と意気込みを語った。

 小、中学校時代の指導者らが主催。桜井中時代にコーチを務めた発起人代表の蛇田真悦さんがあいさつし、堀内康男黒部市長、木島信秋市少年野球協会長、林和成星稜高野球部監督が祝辞を述べた。

 森山選手は同市荻生小5、6年時に所属していた「荻生ジャガーズ」のメンバーから花束を受け取り、一人一人にサイン色紙を手渡...    
<記事全文を読む>