かつての広島の守護神がこだわりを捨て、新フォームに生き残りを懸ける。永川が人生初のスリークオーターに転向。「決断には苦労したがやるしかない。野球人生が一度終わったと思えば何でもできる」。投手最年長の36歳が、必死に腕を振っている。

...    
<記事全文を読む>