プロ野球巨人の内海哲也投手や日本ハムの平沼翔太内野手ら、敦賀市の敦賀気比高校出身のプロ野球選手、コーチ計七人が十六日、同市桜町の市民文化センターでトークショーに臨んだ。約九百五十人の在校生らを前に、高校時代やプロ生活について語った。

 同校の開校三十周年行事。二人の他、広島の東出輝裕打撃コーチ、オリックスの山田修義、広島の西川龍馬、中日の岸本淳希、西武の玉村祐典の各選手が参加した。

 冒頭の自己紹介で、昨年内野手としてプロ入りした平沼選手は「試合の面白さを感じてきた」と、一年目を総括。活躍する先輩を前に「自分も早く一軍に上がってプレーしたい」と力強く話した。

 当時の練習について質問を受けた...    
<記事全文を読む>