【ホノルル(米ハワイ州)15日(日本時間16日)=石栗賢】大谷よ、ブルペンを大事にしろ! 日本ハムの大谷翔平投手(22)へ、栗山英樹監督(55)がブルペンの重要性を説いた。指揮官は大谷の来オフ以降のメジャー挑戦についても考慮した上で、これまで少なめだったブルペン入りに言及。二人三脚で歩みを進めてきた「二刀流」も5年目を迎える。さらに高いレベルを追い求め、完全無欠な投打へ。大谷のあくなき挑戦を監督が熱く見詰めていく。

 栗山監督が投手・大谷のさらなるレベルアップのキーワードに「ブルペン投球」を挙げた。

 「あいつ(大谷)ブルペン嫌いじゃない? でも(投打)二つやる以上、ブルペンでベースを上げ...    
<記事全文を読む>