東北楽天の梨田昌孝監督は13日、コボスタ宮城で取材に応じ、来季の開幕戦先発投手について則本を5年連続で起用し、西武から加入した岸を4月4日の本拠地開幕戦に先発させる可能性を示唆した。「本拠地の開幕で、仙台(市出身)の岸を地元の人たちに見せたい」と語った。

 来季の開幕カードは3月31日からのオリックス3連戦(京セラドーム大阪)で、次が本拠地でのソフトバンク3連戦。梨田監督は「開幕投手の候補は則本と岸しかいない。2人はできれば(それぞれの連戦の初戦に)分けたい」とも語り、3月31日と4月4日に投げさせる方針を示した。

 ただ則本が来年3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出...    
<記事全文を読む>