新見市出身者で初のプロ野球選手になる高田萌生(ほうせい)投手(18)=創志学園高3年=の巨人入団を祝う会が27日、新見商工会館(同市高尾)で開かれる。主催する住民組織が参加者を募っている。

 高田投手は、小学3年の時に新見市のスポーツ少年団でソフトボールを始めた。同高では、右腕から繰り出す最速154キロの直球を武器にチームをけん引し、春夏連続甲子園出場を果たした。10月のドラフト会議で巨人から5位指名を受け、11月には東京ドームで入団記者会見に臨んだ。

 当日は午後6時開会。高田投手は背番号53の巨人のユニホーム姿で登場し、同高野球部関係者らとともにあいさつした後、立食形式でパーティーを行...    
<記事全文を読む>