鍵谷は9日、JFAこころのプロジェクト「夢の教室」の夢先生として、秩父別中学校を訪れた。約40人の生徒たちとゲームで触れ合った後、初の“授業”を行った。自身の野球人生を夢曲線で表現し、「仲間の大切さ」と「諦めない気持ち」を伝えた。「楽しかったです。みんな受け答えもしっかりしていた。素直でいい子たちだった」と振り返った。最後は「道産子の守護神として、日本一のマウンドに立っていたい」と、生徒たちの前で自身の夢を宣言した。

...    
<記事全文を読む>