日本ハムに新加入した村田透投手(31)が8日、札幌市内の球団事務所で記者会見し、「7年ぶりの日本。すごくうれしい。一日でも早くユニホームに袖を通し、ファイターズの一員として頑張りたい」と意気込みを語った。

 村田は大体大から大学生・社会人ドラフト1巡目で2008年に巨人に入団。1軍登板がなく10年に戦力外とされた後、米球界に挑戦し、今季は米大リーグ、インディアンス傘下のマイナー、3Aコロンバスでプレーし、昨年6月には、インディアンスでメジャー初昇格を果たした。

 米国では主に先発していたが「任されたところでやる。先発をやりたいと言うこともない」と役割にはこだわらない姿勢を見せた。
<記事全文を読む>