トップアスリートの素顔を垣間見ることができるトークフェスティバル(埼玉新聞社など後援)が6日夜、さいたま市の浦和コミュニティセンターで開催された。

 県内に本拠地を置くトップリーグ所属のスポーツチームが2010年に設立した「プライドリームス埼玉」の主催。フェスには、J1の浦和、大宮、プロ野球埼玉西武、バスケットBリーグの埼玉ブロンコスなど9チームが参加した。

 3日にJ1年間王者を逃した浦和から参加した武藤雄樹は「年間勝ち点1位など積み上げてきた結果がひっくり返ったようで悔しい。受け入れ難い結果だが、来季にぶつけたい」と力説。

 フェスでは裏話も盛りだくさん。今年結婚したJ1大宮の沼田圭悟は...    
<記事全文を読む>