投手陣が則本と岸ならば、捕手陣は嶋基宏と細川亨による二枚看板の様相となった。細川は会見で「嶋はライバル。互いに勉強しあってチームを強くしなければいけない」と決意を示した。細川は西武、ソフトバンクで5度の日本一にけん引した「優勝請負人」とも言える球界を代表する捕手。東北楽天は強力な捕手陣を構築したと言える。

 主将の嶋は名実ともにチームの中心になっているのは間違いない。ただ、それが嶋への依存度を増すことになり、今季も嶋が負傷離脱した後でチームは覇気を失い9連敗した。それだけに、若手主体のチームの支えとなりうる経験豊富な細川の存在は貴重だ。本人も「自分の野球観を少しずつ教えたい」と自覚する。...    
<記事全文を読む>