プロ野球オリックスにドラフト4位で入団する宮崎・都城高の山本由伸投手(備前・伊部小―備前中)を「祝う会」が3日、備前市の備前焼伝統産業会館であり、山本は「プロのユニホームを長い間着られるよう一日一日を大切に頑張っていく」と抱負を述べた。

 山本が小学時代に所属した軟式野球チームの伊部パワフルズが主催し、かつての指導者や同級生ら約70人が出席。パワフルズの大饗利秀顧問が「これからはみんなでオリックスを応援していこう」などとあいさつした後、和やかに会食した。小、中、高校の活躍を振り返るスライドショーも上映され、参加者が懐かしそうに見入った。

 この日、同会館には名前入りの懸垂幕が掲げられた。花...    
<記事全文を読む>