府中市を拠点に活動している明治大学野球部のメンバーで、今年のプロ野球ドラフト会議で指名を受けた四選手らが三十日、府中市役所に高野律雄市長を訪ね「四年間、府中で成長させていただいた」と感謝し、プロでの活躍を誓った。

 訪問したのは、中日一位指名の柳裕也投手(22)、ヤクルト二位指名の星知弥投手(22)、横浜DeNA九位指名の佐野恵太選手(22)、オリックス育成五位指名の中道勝士選手(22)。善波達也監督らも同行した。

 高野市長は「皆さんの活躍は、市民に夢と元気を与えてくれた。新たな目標に向けて日々まい進してほしい」と激励。善波監督は「チームの活躍もいい環境で過ごせる地域のおかげ」と話した。...    
<記事全文を読む>