東北楽天は他球団に先駆けて弾道測定器「トラックマン」を導入するなど、ビッグデータの利活用に積極的に取り組む。推進役を担う上田顕チーム戦略室長(32)にこれまでの歩みと今後に向けた展望を聞いた。◎生かせビッグデータ(下)上田顕チーム戦略室長に聞く<体制が今季整う> -2012年11月にチーム戦略室が発足し、5年目を迎えた。

 「最初、分析に携わったのは3、4人で、データを取るのに精いっぱいだった。14年途中、日本球界でおそらく初めてのR&D(研究開発)部隊を設け、新たな機器の導入を進めるようになった。今季からスコアラーも加わり、計13人に拡大。思い通りにできる体制がほぼ整った」 -最新のテ...    
<記事全文を読む>