バレーボール・Vプレミアリーグ女子は26日、岡山市のジップアリーナ岡山などで4試合があり、岡山シーガルズは今季初のホーム戦でJTに1―3で敗れた。勝ち点は9で変わらず、順位を5位から6位に下げた。

 岡山大会のもう1試合は日立がNECをストレートで退け、セット率でJTを上回って2位に浮上した。首位久光製薬は東レに敗れ、トヨタ車体はPFUを3―0で下した。JT3―1岡山シーガルズ18―2525―2230―2825―20JT 6勝2敗(18)岡山シーガルズ 3勝5敗(9) 【評】岡山シーガルズは勝負どころで1点が遠かった。第2セットは22―23まで粘りながら及ばず、ジュースにもつれた第3セッ...    
<記事全文を読む>