バレーボールV・プレミアリーグ女子岡山大会(26、27日)でJT、日立と対戦する5位の岡山シーガルズは25日、試合会場のジップアリーナ岡山で最終調整。今季初のホーム戦に向けて約2時間半、攻守の連係を確認した。

 実戦練習では、セッター宮下のトスに合わせて主将のセンター山口やレフト佐々木ら主力が鮮やかな移動攻撃や強烈なスパイクを見せたほか、高卒2年目居村もセンターでブロックや速攻を決めてアピールした。

 26日はレフトのオヌマー(タイ)ら攻撃力のある選手がそろう2位JT、27日はセッター佐藤美を軸にスピーディーな攻撃を仕掛けてくる3位日立を迎え撃つ。

 リーグは26日から2巡目がスタートする。...    
<記事全文を読む>