バレーボールV・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズは21日までに、東九州龍谷高3年の吉岡美晴(18)の入団を内定した。2020年東京五輪に向け、日本バレーボール協会が集中強化する「Team CORE(チーム・コア)」設立当初からのメンバーで、即戦力として期待される。

 大分市出身。179センチの長身からパワフルな強打をコースに打ち分けるアタッカー。ブロックやレシーブ力も兼ね備え、15年の全日本高校選手権や今年のインターハイ4強に貢献した。14年のアジアユースなど年代別代表も務めてきた。

 「チーム・コア」には毎年10人前後を選出。シーガルズの宮下遥のほか、高校生では宮部藍梨(金蘭会高)、黒...    
<記事全文を読む>