バレーボールV・プレミアリーグ女子は20日、松江市総合体育館などで4試合があり、岡山シーガルズはPFUをストレートで破り、連敗を3で止めた。通算3勝4敗の勝ち点9で順位を5位に上げた。

 久光製薬がトヨタ車体に3―1で勝って首位をキープ。JTは日立をフルセットの末に下し、NECは東レを3―0で退けた。岡山シーガルズ3―0PFU25―1826―2425―16岡山シーガルズ 3勝4敗(9)PFU 1勝6敗(3) 【評】岡山シーガルズが快勝した。粘り強い守りから切り返し、山口の移動攻撃や両サイドの強打で第1セットは18―15から5連続得点、第3セットも7―5からの6連続得点などで突き放した。第...    
<記事全文を読む>