バレーボール女子のチャレンジリーグ1の第3週第1日は19日、美濃加茂市のプラザちゅうたいなどで4試合を行った。開幕戦での勝利以降、3連敗中のJAぎふリオレーナは仙台ベルフィーユ(宮城)と対戦。0―3のストレート負けを喫し、1勝4敗の勝ち点3で最下位に後退した。

 JAぎふは第1セット、サーブミスもあり、リズムをつかめず17―25で奪われた。第2セットは佐々木美帆のブロック、佐々原和のレフトからのスパイクなどで中盤までリードしたが、交代で入った選手のセンター攻撃などで追い付かれ、マッチポイントまでもつれたが落とした。第3セットも中盤までは競ったが、相手の多彩な攻撃に突き放され、競り負けた。...    
<記事全文を読む>