バレーボールV・プレミアリーグ女子は19日、島根県出雲市のカミアリーナなどで4試合があり、岡山シーガルズはトヨタ車体に0―3で敗れて3連敗となり、通算2勝4敗の勝ち点6で順位は5位から6位に下がった。

 久光製薬はPFUをストレートで破り首位に浮上。NECはJTを、日立は東レをともに3―0で退けた。トヨタ車体3―0岡山シーガルズ25―1825―2225―20トヨタ車体 3勝3敗(8)岡山シーガルズ 2勝4敗(6) 【評】岡山シーガルズは歯車がかみ合わず、ストレート負け。第1セットは9―4からサーブミスをきっかけに失点を重ねて逆転され、第2セットも11―7から5連続失点を喫するなど中盤以降...    
<記事全文を読む>