【豊見城】バレーボールを通して子どもたちに夢と希望を持ってもらおうと、豊見城市民体育館(仲里佳朗館長)は3日、元全日本女子バレーボール代表の佐伯美香さんを招いた「ミズノビクトリークリニック」を同体育館で開催した。午前の部は小学生対象に行われ、豊見城市内の10チームから約140人が参加。佐伯さんは基本的なパスやトスなどの姿勢から指導した。児童らは真剣な表情で、トップレベルの技を学んだ。

 3人一組で行われたつなぎの練習では、声を掛け合いながらプレーする大切さを強調。「声を出すことで、周りの人は次の準備ができる。はっきり声を出してほしい」とアドバイスした。

 総括で佐伯さんは「ただ何となくボー...    
<記事全文を読む>