流れをぐっと引き寄せた。久光製薬戦(6日)の第2セット。「自分の役割に集中できた」。同点の場面から2度、勝ち越しのスパイクを決めたのは途中出場のレフト大升知春だった。

...    
<記事全文を読む>