二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの競技会場計画見直しに関し、日本バレーボール協会の木村憲治会長が八日、都庁を訪れ、「有明アリーナ」(江東区)を計画通り新設するよう求める嘆願書を塩見清仁オリンピック・パラリンピック準備局長に手渡した。

 バレーボール会場を巡っては、都顧問らによる調査チームが有明アリーナの建設費を削減して新設する案と、既存の横浜アリーナ(横浜市)を活用する案を小池百合子知事に提言。都は両案を国際オリンピック委員会(IOC)などとの四者協議に提示し、来月上旬には会場が決まる見通し。

 嘆願書では「有明アリーナをすべてのバレーボールプレーヤーの憧れの場所にできるよう、二〇二〇年...    
<記事全文を読む>