バレーボールV・プレミアリーグ女子は6日、埼玉県川越運動公園総合体育館などで4試合があり、岡山シーガルズは昨季のリーグ覇者・久光製薬に3―2で競り勝った。2勝1敗で勝ち点を5に伸ばし、順位を5位から4位に上げた。今季初黒星を喫した久光製薬は2位。

 東レを3―0で下したJTが勝ち点7で首位に立ち、日立は3―1でNECを退け2連勝。トヨタ車体は今季初勝利をPFUから挙げた。岡山シーガルズ3―2久光製薬25―2025―1722―2520―2515―10岡山シーガルズ 2勝1敗(5)久光製薬 2勝1敗(6) 【評】岡山シーガルズがフルセット勝ち。第5セットは2―1から佐々木の4連続を含む7得点...    
<記事全文を読む>