バレーボールのV・プレミアリーグ男子鹿屋大会は5日、鹿屋市の串良平和アリーナで開幕した。観客約1700人が、リオデジャネイロ五輪予選に日本代表で出場した選手らの迫力あるプレーに大歓声を上げた。6日まで。

 5日は2試合があり、清水邦広選手(パナソニック)、深津英臣選手(同)、柳田将洋選手(サントリー)らが出場。威力あるサーブやアタックで会場を沸かせた。

...    
<記事全文を読む>