バレーボールチャレンジリーグ男子1部は5日、茨城県の霞ケ浦文化体育館で開幕した。大分三好ヴァイセアドラーは富士通カワサキレッドスピリッツとの開幕戦に臨んだが、1―3で敗れた。

 大分三好は6日、同会場で長野トライデンツと対戦する。

 昨季リーグ王者の富士通との開幕戦に臨んだ大分三好は、各セットで接戦に持ち込んだ。だが2度のジュースを落とすなど、要所で得点ができず、手痛い敗北を喫した。

 立ち上がりから我慢の展開だった。簡単なミスで流れを手放し、相手に先取を許した。それでも第2セットは持ち直し、グマにトスを集めて攻め立てた。だがサーブミスが出るなど、詰めが甘く、ジュースの末に落とした。

 後のな...    
<記事全文を読む>