今季バレーボール女子V・プレミアリーグに初参戦のPFUブルーキャッツ(かほく市)のクラブハウスが1日、同市大崎のPFU体育館「E・プラザいしかわ」横に完成した。竣工(しゅんこう)式に出席した寺廻太監督は「トップクラスの設備だ。選手の追い風になる」と話し、初戦を白星で飾ったチームの躍進に力を込めた。

 体育館と渡り廊下でつながるクラブハウスは鉄骨造り平屋建て約780平方メートルとなる。選手のロッカールームやフィジカルケアルームなどを設け、日本海が望めるトレーニングルームには最新機器24台を備えた。

...    
<記事全文を読む>