横浜アリーナ(横浜市港北区)は、2020年の東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場になるのか。1日に開かれた東京都の都政改革本部の会合で、横浜アリーナは都内に会場を新設する案と二者択一の最終候補に挙げられた。五輪の開催基準に合わせて座席などを仮設すれば対応できる見込みで、費用面では格段に安い。一方、黒岩祐治知事は横浜会場が実現した場合に県民負担が生じることへの懸念を示した。

 (志村彰太、梅野光春、原昌志) もともとバレーボール会場は都が新設する有明アリーナ(東京都江東区)の予定だった。しかしこの日の提案で、横浜アリーナに客席などを仮設すれば対応できる可能性を指摘。大会組織委員会や横...    
<記事全文を読む>