27日にプロのデビュー戦を1回TKO勝ちで飾った畑中建人(畑中)。元世界王者で畑中ジムの畑中清詞会長の長男として注目を集めるが「親の七光」だけではない。岐阜・中京高3年の18歳は、動じないハートの強さと勝負どころの嗅覚があり、スター候補としての片りんを見せつけた。

 (森合正範) 独特な雰囲気が漂い、誰もが緊張するデビュー戦。会場の愛知県刈谷市のあいおいホールは立ち見客を含む超満員の900人で埋まった。これまで42戦を刻んだアマチュアの試合とは明らかに違う。それでも畑中は冷静な試合運びで対戦相手を倒し、観客を沸かせた。

 試合前、陣営は「畑中の息子を食ってやろうと、相手は思い切り前に出てく...    
<記事全文を読む>