二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント競技会場は二十九日、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会、東京都、政府による四者協議で、現行計画の「海の森水上競技場」(都内臨海部)に決定し、県などが誘致した彩湖(戸田市)での開催案は採用されなかった。四者協議では海の森と長沼ボート場(宮城県登米市)に絞って検討が進められ、彩湖案は事実上、蚊帳の外。波が少ない競技環境などメリットを強調してきた関係者からは落胆の声が漏れた。

 (冨江直樹、杉本慶一、井上峻輔) 上田清司知事は同日夕、県庁で記者団の質問に答え「しっかり受け止めざるをえない。より立派な会場の設営、運営をし...    
<記事全文を読む>