大相撲九州場所を終えた芝田山部屋の現役力士を招いた交流会が29日、山の田南町の泉幼稚園(梶山幸子園長、203人)であった。子どもたちは相撲や餅つきなどで交流を深めた。園児は園舎内の特設土俵に上がり、幕下の魁さん(30)、龍勢旺さん(30)の2人に数人がかりで取組に挑んだ。体当たりしてもびくともしない相手にびっくりしながらも、力を合わせてぶつかり土俵の外へ。勝ち名乗りの軍配を受けると、子どもたちは跳びはねて喜んだ。毎年の恒例行事で19回目。餅つきでは、園児たちは力士に支えてもらいながら交代できねを振るい、つきたてをきな粉餅などにして一緒に昼食会で味わった。

...    
<記事全文を読む>