2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画見直しで、国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、東京都、政府の4者のトップ級会合が29日、都内のホテルで開かれ、ボート、カヌー・スプリント会場は現計画の「海の森水上競技場」(都内臨海部)をコストを抑えて新設することになった。埼玉県や戸田市が要望していた「彩湖」は落選した。

 4者協議でボート・カヌー会場が「海の森水上競技場」に決まったことについて、「彩湖」誘致を目指していた上田清司知事は取材に対し、「受け止めざるを得ない。より立派な会場の設営、運営をしてもらいたい」と述べた。

 戸田市の神保国男市長は彩湖落選に落胆する一方、「現状の戸...    
<記事全文を読む>