2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリントの会場計画見直しで、「宮城県長沼ボート場」(宮城県登米市)への変更案は29日、見送りが決まった。「復興五輪にふさわしい」と長沼案を打ち出し、自ら視察して地元の期待を集めた小池百合子東京都知事。結局、現行計画の「海の森水上競技場」(都内臨海部)を選び、東日本大震災の被災地に貢献する案は掛け声倒れに終わった。

 都と国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会、政府の4者によるトップ級会合の開始早々、小池知事は会場見直しに関する都の考えを語り始めた。

 長沼案について「IOCのコーツ副会長から事前キャンプの場として活用するという...    
<記事全文を読む>