【美幌】町在住の日本ペタンク・ブール連盟アドバイザー小成裕之さん(51)が、12月1日からアフリカのマダガスカルで開催される第47回世界ペタンク選手権大会に日本代表の一員として出場する。10年ぶり2度目の大舞台に、キャプテンとして挑む小成さんは「この間に磨いてきた技術を存分に発揮し、ベスト16に入りたい」と意気込んでいる。

 5月に埼玉で行われた、4人1組で争う日本代表選考会に、三重、高知、京都の20年来の仲間と出場。11チームで競った予選を首位通過し、6チーム総当たりの決勝リーグを全勝で制し、世界の切符をつかんだ。

 ペタンクは金属球を投げて、相手の球を弾いたり寄せたりして競うフランス発...    
<記事全文を読む>