フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル(12月8日開幕・フランス)と全日本選手権(同22日開幕・大阪)に出場する神戸野田高校1年の坂本花織選手(16)=神戸クラブ=の壮行会が28日、神戸市長田区の同校であった。20日の全日本ジュニア選手権で優勝し、一躍脚光を浴びたホープは「両方の大会で自己ベストを出せるよう頑張ります」と目標を語った。

 神戸市灘区出身の坂本選手は4歳でスケートを始め、市立渚中学校時代には全国中学校大会で2位。ジャンプの高さが持ち味で、今季はジュニアGPシリーズ日本大会で初優勝を果たした。全日本ジュニア選手権では世界ジュニア女王の本田真凜選手(大阪・関大...    
<記事全文を読む>