【東京支社】達増知事ら東北6県の知事は28日、小池百合子東京都知事に、2020年東京五輪・パラリンピックに関して、イベントでの郷土芸能の採用、施設や食材への東北産品の活用など、東北への開催効果の波及を要望した。

 東京五輪に関し、6県知事が連名で小池知事に要望するのは初めて。各県の知事や副知事らが東京都千代田区の都道府県会館で小池知事と意見交換し、達増知事が要望書を手渡した。

 要望は▽都が実施する五輪公認事業のイベントで、東北の祭りや郷土芸能を取り入れる▽施設整備、選手村などに東北の木材、食材を活用するよう大会組織委に働き掛ける▽東北を聖火リレーのルートとし、住民が参加できるよう組織委に...    
<記事全文を読む>