東北6県の知事らは28日、東京都内で小池百合子都知事と会談し、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、聖火リレーを6県で行うなど、復興に取り組む東北の姿を世界に発信することへの協力を求めた。

 吉村美栄子山形県知事は「選手村での東北の食材の活用や東北全域を聖火リレーのルートにするよう組織委員会に働き掛けてほしい」と要請。達増拓也岩手県知事は「(東日本大震災の復旧に協力した)世界各国に感謝を伝える大会にしたい」と語った。

 小池知事は「東京は東北のたくさんの恵みを受けている。復興の一助となるよう組織委員会にお願いし、IOC(国際オリンピック委員会)の委員にも改めて伝えたい」と述べた。 <記事全文を読む>