「こりんとめーたん杯カーリング大会」が27日、札幌市豊平区のどうぎんカーリングスタジアムで開かれ、区内の23チームが熱戦を繰り広げた。

 運動施設が多い地域性を生かし、区民にスポーツに親しんでもらう豊平区の「とよひらスポーツ応援プロジェクト」の一環。大会名は、区のゆるキャラ「こりん」と「めーたん」を冠にした。

 4回目の今年は、7~73歳の136人が参加した。年齢や性別に関係なく対戦するため、子どもだけのチームが大人チームと戦う試合も。小学生が円(ハウス)の中心部を狙った巧みなショットを披露すると、会場は大いに沸いた。

 家族や友人と参加した中の島小2年、後藤ほのかさん(8)は「戦術を考えな...    
<記事全文を読む>