自己最高位の東前頭6枚目で迎えた錦木(伊勢ノ海部屋)は4勝11敗と負け越した。幕内上位とも対戦し、特に9日目からの4連敗が痛かった。幕内4場所目で初めて2桁の負けを喫し「こういう時もある。ここまで順調だったので」。悔しい経験を糧に、来場所は大勝ちしたいところだ。

 西三段目40枚目の琴力泉(佐渡ケ嶽部屋)は勝ち越せば自己最高位を更新できたが、7番相撲で負け越した。3勝1敗から3連敗し「3勝して一安心してしまい、体が動かなくなった」と肩を落とした。

 西89枚目の和山(武蔵川部屋)は4勝3敗。先場所は2勝5敗に終わっただけに「5勝が目標だった」と少し不満げだった。1年目を終え「来場所もしっか...    
<記事全文を読む>